3月 24

自宅で楽しもう!新しいお花見の方法

こんにちは! 広報部のNです。

暖冬で桜の開花が早まり、首都圏ではもう見ごろを迎えています。しかしながら新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各地でお花見の宴会自粛やイベント中止が相次いでいて、例年のようにお花見を楽しむのが難しい状況となっています。

そんな中、いま注目を浴びているのが「自宅で楽しむお花見の方法」です。今回はその中からいくつかピックアップして紹介したいと思います♪
 

1.お花見VR

ウェザーニュースが無料で公開しているアプリです。全国の人気スポットの360度映像をスマホ上に表示させ、VR(仮想現実)でお花見が体験できます。映像を見ながら上を向けば、頭上に広がる満開の桜を楽しめ、映像の進行方向に目線を合わせれば、名所を歩いているような体験ができます。VRゴーグルを利用するとさらに臨場感を高めることができ、今シーズンは前年の10倍近いアクセスがあるそうです。


 

2.オンライン花見(ライブカメラ)

桜の名所などに設置されたライブカメラを利用した「オンライン花見」です。例えば東京都内の有名スポットの一つ千鳥ヶ淵や六義園などで、「花見ライブ」が楽しめます。

≪東京千鳥ヶ淵ライブカメラ≫

 

3.うち花見

生花販売大手の日比谷花壇は、家や職場で桜などを飾る「うち花見」を提案しています。毎週金曜には一部の切り花を1本100円で販売し、写真のネット投稿を呼びかけています。

「#うち花見」しませんか?
https://www.hibiya.co.jp/releaseUpload/pdf/pr_hibiyakadan_200306.pdf

 

また、港区の生花販売店「hanane」は、桜の枝や花瓶などをまとめた自宅用の「お花見セット」を販売しています。商品の桜は、つぼみの状態で販売され1~2日で開花した後、約1週間楽しめるようになっています。「お花見セット」に桜だけでなく、農家で出荷できずに廃棄されそうになっていた花も使用することで農家を支援する狙いもあるそうです。

生花販売店「hanane」saku-chan~おうちでお花見~セット
https://hanane.theshop.jp/items/26863633

 

いかがでしたでしょうか?

連日の新型コロナウイルスのニュースで「コロナ疲れ」してしまいますが、自粛ムードの今だからこそできる「自宅で楽しめるお花見」をして、ぜひ気分転換してみてください♪

 

次回の記事もお楽しみに♪

3月 13

ムズムズする季節になりました…

こんにちは、広報部のSです。

 

3月になり徐々に暖かくなりつつあるこの季節。

気温的には過ごしやすい季節ですが、人によっては「アイツ」のせいで辛い時期ではないでしょうか?

 

そう、「アイツ」

花粉です!!!!

 

スギ花粉が飛び始める2月から5月ごろまでずっとムズムズしている人も多いはず(私がそうです!)

今年はマスクが品薄なこともあり、家の中ではできるだけマスクを使わないで過ごしたいですよね。

そこで今回は花粉を家に入れにくくする方法を紹介します!

ぐーぱる君も花粉ゴーグルでしっかりと対策中です

 

●柔軟剤を使う

花粉は衣類の静電気によって付着しやすくなります。

洗濯する時に柔軟剤を入れると衣類の静電気を抑制することができ、花粉が付着しにくくなります。

また衣類の静電気を抑えて花粉が付着しにくくなるスプレーなども売っていてそちらも効果があるようです。

 

●洗濯物は部屋干しに

花粉の季節に実践しているご家庭も多いのではないでしょうか。

ただなかなか乾かなかったり、部屋がジメジメしたり、部屋干し特有の匂いが気になったりと問題点があります。

でも部屋干しする前に5分ほど乾燥機をかける・扇風機やエアコンで部屋の空気を循環させるなどの工夫で乾くまでの時間がかなり短縮されます。

また除湿機があれば一番いいですが、除湿剤や新聞紙を洗濯物の近くに置くと除湿効果があるそうです。

もちろん換気をして部屋の湿気や匂いを外に排出するのも忘れずに。

どうしても外に干したい場合は花粉飛散量が多い正午を避けて早朝に干すと衣類に花粉が付着するのを減らすことができます。

 

●外から帰宅した時は衣類に付着した花粉を落とす!

玄関で花粉の侵入を止めるのも重要です!

こちらも実践している人は多そうですが、手で衣類を払ったり脱いだコートを大きく振ったりするのは実は間違いです。

払った際に花粉が舞い上がり体やインナーに花粉が付着してしまい、家の中への侵入を許してしまいます。

テープや粘着ローラーを使い静かに落としましょう。

 

以上に気をつけて家に侵入する花粉を極力減らしましょう!

しかし花粉の侵入は衣類だけではなくて、家の給気口からも入ってきます。

花粉対策のフィルターを用意しているメーカーも多いようなので、みなさんの家の給気口のフィルターを一度調べてみてはいかがでしょうか。

弊社の給気口も用途別に様々なフィルターをご用意しています。

製品・メンテナンス用品一覧(オンラインショップ)
http://www.njkk.co.jp/shop/index.html

 

 

まだまだ辛い花粉の時期は続きますが、しっかりと対策をして乗り越えましょう!

2月 28

感染症対策:換気について

こんにちは、広報部のTです。

 

「新型コロナウイルス」の感染が全国的に広がりを見せています。

政府が24日に開いた専門家会議でも「ここから1-2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となる」との見解を公表しました。

※出典:厚生労働省HP

 

記事からは一人一人が少しでも感染症対策に対して意識することが重要だということが読み取れます。

 

対策には以前広報部Nが「今すぐできる!感染症対策」で記事にした「手洗い」も重要ですので是非ご覧ください。

 

また東北医科薬科大学がネット上に公開した「新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック」では

一般家庭の感染リスクを低減する狙いのもと、予防策や、具体的な症状と感染経路などを詳しく解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドブックでは「感染症にかからない、うつさないためには、複数の対策を組み合わせることが大切です」とした上で、

基本的な対策として

 

(1)咳エチケットを守る

 

 

 

(2)手洗いをする

 

 

 

(3)環境消毒・換気をする

 

の3点を紹介していますので、こちらも是非参考にしてみてください。

※出典:東北医科薬科大学

 

 

「換気」という観点からは窓を開ける以外にも、ご家庭で「24時間換気」がついているかもチェックしてみてください。

「24時間換気」は文字通り24時間、室内の汚れた空気を、屋外の新鮮な空気と交換・循環するシステムです。

 

この「24時間換気」が正常に作動しているか、止まっていないかということを確認することで、少しの対策につながるかもしれません。

またファンやフィルターの目詰まりは換気の効力を下げるので、まずはお掃除してみてください(定期的なお掃除(メンテナンス)が大事です)。

 


↑換気システムのメンテナンスの様子

 

 

 


↑自然給気口のフィルターメンテナンスもお忘れなく

 

 

 

換気ってやっぱり大切だと思いました。

この記事がみなさまの感染症対策につながれば幸いです。

 

以上、広報部のTでした。

2月 14

バレンタイン懇親会@iカフェ

こんにちは〜広報部のAです。
今日は2月14日!バレンタインデーですね。
そんなわけで我々は先日、弊社の親会社である株式会社コバヤシの「i(アイ)カフェ」にお邪魔してちょっとしたバレンタイン懇親会を行いました。

ぐーぱる君とコバレジくん、久しぶりの再会❤️

 

愛を誓う日とされるバレンタインデー。
由来は諸説ありますが、元々中世ローマ時代の2月14日はすべての神々の女王であり結婚と家族の守護女神、ユーノーの祝日でした。当時の皇帝は「若者が戦争へ行きたがらないのは愛する家族や恋人を故郷に残すことを躊躇する気持ちにある」と考え結婚を禁止にしましたが、キリスト教の司祭ヴァレンティヌスは命令に背いて兵士たちを秘密で結婚させていたため、あえてこの2月14日に処刑されてしまいます。それ以降彼のために祈りを捧げる日となり、転じて愛の祝日になったそうです。

 

日本では恋人だけではなく、普段お世話になっている人や友人にチョコを贈る日になっていますね。
そんなわけでぐーぱる君も久しぶりに会うコバレジくんにチョコをプレゼントしたいなぁと考えたようで……


コバレジくんとぐーぱる君をデザインしたオリジナルチロルチョコをプレゼントしました!

 

 


喜んでもらえてよかったね、ぐーぱる君!

 

今回の懇親会も様々なお話をすることができ、とても楽しい時間を過ごさせていただきました!
これからも会社同士の情報交換はしつつ、ぐーぱる君とコバレジくんのコラボ企画も考えていけたらなと思います。
それでは、皆様ハッピーバレンタイン〜❤️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけのメイキング

弊社広報部Sによる熱のこもった撮影風景。姿勢から違いますね…

2月 07

今すぐできる!感染症対策

こんにちは! 最近、地元のドラッグストアを3軒ハシゴしたけれど、マスクが入手できず不安が募っている広報部のNです。

皆さんがご存知の通り、現在「新型コロナウイルス」の感染が世界的に拡大し、世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言するなど様々な動きが出ていますよね。
そして私が体感したようにドラッグストアではマスクが売り切れ、ネットではものすごい高額でマスクが販売されています…

私たちは今、感染症の情報をどのように理解してどう備えたらいいのでしょうか。
風邪や季節性インフルエンザなどの一般的な感染症予防も含め、一人ひとりができる対策をお伝えしたいと思います。


出典:首相官邸ホームページ


出典:首相官邸ホームページ

 

これらのチラシは「首相官邸ホームページ」に掲載されており、自由にダウンロードや印刷が可能です。会社・学校や人の集まる場所での掲示、周知などに活用してみてはいかがでしょうか?

■「首相官邸ホームページ」新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

 

過剰に心配することなく、まずは「手洗い」や「マスクの着用」を含む「咳エチケット」などの通常の感染症対策をすることが重要なんですね。
その他、当たり前のことではありますが、普段から十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけて免疫力を高めておくことも大切です。空気が乾燥すると喉の粘膜の防御機能が低下するので、加湿器などを使って湿度を50~60%に保つことも心掛けましょう。

 

また、花王(株)から「手あらいのうた&ビデオ」が配信されています。
https://www.kao.co.jp/bioreu/hand/song/

大人だけでなくお子様が、正しい手洗いを楽しくできたらすごく良いですよね♪

 

ちなみに、私は最近「胃腸炎」になりました。発熱と腹痛がひどく、こんなに腹痛に苦しめられるとは思いませんでした…。
感染力はなく今は完治していますが、食事前や帰宅時の手洗いうがいなどはしていたけれど自分では大丈夫だろうという心の甘えがあったかもしれません。もっと気をつけていればと後悔しています…。

 
気をつけて損はないと思います!
皆さん、ぜひ今日からでも、一人ひとりができる対策からはじめてみてください♪

 

次回の記事もお楽しみに♪

古い記事へ «