«

»

10月 05

気流ストッパー販売開始

Share on Facebook

新商品:気流ストッパー

気流ストッパーカタログ 在来軸組工法の特長は躯体の中を空気が通り抜け構造材の乾燥状態を保つことです。しかし、それが冬の暖房時には部屋の暖められた熱も一緒に逃がしてしまう結果となっています。

 通気の良いところに断熱材を入れても断熱性能が上がらないどころか温度低下による壁の表面、内部の結露を引き起こす恐れがあります。

 それを防止するためには在来軸組工法の気密上の欠点となっている壁の上下を塞ぎ壁の中の気流を止める必要があります。

 そこで当社は、「住宅の省エネルギー基準の解説」でも規定している気流止めの性能を満たし、新築にも増改築にもお使いいただけるような製品「気流ストッパー」をご用意いたしました。
是非お使いください。

商品に関する詳しいお問い合わせはお近くの日本住環境株式会社の支店・営業所へお問い合わせください。
お問い合わせお問い合わせ先はコチラから

 
気流ストッパーの特長

  • 圧縮してあるので、狭い隙間にも入れやすい。
  • カッターで切れ目を入れるだけで、中のウレタンが膨らみ気流を止めます。
  • 8分割切残し製法により、自在性があるため筋交いの入る部位、断熱外皮、間柱間、間仕切壁等、色々な部位に使用できます。
  • 柱寸法3.5寸、4寸のどちらにも使え、間柱~間柱間、柱~間柱間のどちらにも使えます。
  • 先張りシートの施工なしで気密施工が出来、防湿フィルムとの連結もしやすい。

コメントを残す