«

»

10月 20

【動画】ダンブロッカー床用(断熱気密型床下点検口)の施工説明

Share on Facebook

danblocker_f
床に断熱を施した場合には床下点検口にもしっかりした断熱性能と気密性能が必要です。
断熱性能が弱いと点検口部分だけ床が冷たくなり不快になったり、結露が生じたりします。また、気密性能が悪いと足元から冷気流を感じ不快となります。

ダンブロッカー床用」の熱貫流率はU=0.25W/㎡Kで、部材単体で床の熱貫流率の次世代省エネルギー基準値以下になっていますので全国各地域でお使いいただけます。
気密性能ももちろんトリプルシーリング構造で床下からの空気の流れをシャットアウトします。部材をキット化してあり施工性が容易です。

簡単な施工と断熱気密性能を実現した「ダンブロッカー床用」の施工説明を動画でご覧ください。