«

»

12月 26

【動画】L型通気ライナー12施工説明

Share on Facebook

 住宅のデザインがシンプルなものが好まれる傾向で、パラペット形状の屋根や片流れ屋根が最近多くなっています。その中で今まで対応できていなかったのがパラペット部分、ベランダの手すり部分、ケラバ部分の通気措置です。
 瑕疵保証で屋根、外壁の防水措置が強化される中、防水と裏腹の通気に関してはおろそかになってしまったのでは耐久性の面が不安になります。
 そこで防水と通気を両立させたい部分に安心して使える通気材を開発しました。
それが弊社の「L型通気ライナー12」です。
 今まで通気がとりづらかったパラペット上部、ベランダ手すり部、ケラバ部分の通気を可能にし、湿気や熱気を効率よく排出することができます。さらに通気材をL型に成型することで雨、雪などの吹込みを抑えることができます。
 この映像はベランダ手すり部分と、片流れ屋根の頂部、ケラバと破風板の取り合い部分にL型通気ライナー12を取り付けている風景です。
木造住宅の耐久性向上、防水性能向上のために是非お使いください。