«

»

3月 28

【動画】 イーヴスベンツ585施工説明

Share on Facebook

イーヴスベンツ585
 小屋裏の換気方法としていくつかの方法がありますがすべて共通することは入口と出口があることです。当然のことですが換気を効率よくさせるためには入口と出口を明確にする必要があります。
 従来、軒天では軒天有孔ボードが良く使われています。しかし換気孔面積はわかるのですが換気口としての換気効率、防水性能などが不明確です。
 換気口としてそれらの性能を明確にさせるためには専用に開発された製品を使用する必要があります。
 イーヴスベンツは入り口となる軒天に取り付ける通気材です。軒天有孔ボードのように一部分に取り付けるのではなく軒天全体に取付ることができますので全方位風向きに関係なく吸排気口が設けられることになり小屋裏内の空気の流れの淀みをなくすことができます。
また、平棟のある屋根であれば棟換気(リッヂベンツ等)を設置してください。そうすることにより吸気(入口)を軒天で、排気(出口)を棟でという高低差(温度差)を利用した換気も可能にし、より効率の良い小屋裏換気が実現します。
 イーヴスベンツは軒天だけでなくパラペットや軒ゼロ等の通気にも使用可能で様々な納まりにご使用いただけます。
 この動画は軒天材を張る軒裏の使用例ですので参考にしていただきたいと思います。