«

»

8月 23

【動画】 通気スリッター施工説明 (面材無施工編)

Share on Facebook

slitter
 住宅瑕疵担保履行法により新築住宅を対象とする保険が義務化され瑕疵保険の対象事故のほとんどが外壁の漏水事故という統計が発表されており外壁部分の防水施工基準等が強化される傾向にあります。サイディング等の外壁仕上げの場合通気層を設けるため透湿防水シートを使用することが施工基準に盛り込まれています。透湿防水シートは外部からの雨水浸入を防ぎ構造材などの水分を通気層に放湿する機能があり、木造住宅の構造材の寿命を長くするためには必要なシートです。しかし、ベランダ、バルコニーの手すりやパラペットの立ち上がり部は密閉空間になり、高湿状態になる場合があります。特にパラペット形状の屋根やフラットルーフの場合、小屋裏空間の空気を逃がすことができず通気層に空気を解放するためシートの切れ目をわざわざ作るケースなどを講じなければなりません。ところがそれが雨水の浸入につながる危険性が高くなるだけでなく瑕疵保険の施工基準から外れるため保証を受けられない場合も出てきます。
そのような密閉空間を外部と連通させ湿気や熱気だまりを解消させるものはできないか、通気スペースを設けつつ雨漏りを防げるものはできないかと考え作ったのが「通気スリッター」です。
「通気スリッター」は構造用面材、透湿防水シートで密閉される空間と通気層とを連通させ、構造材等の木材の乾燥を促すことができます。また、万が一通気層に雨水が浸入した場合でも通気スペーサーの開口配置により小屋裏や壁内部に雨水が入らないように考慮されています。
取付けの手順は透湿防水シートの先張りやテープの処理方法などに注意点がいくつかありますのでこの動画でご確認ください。
さらに通気層と外部の通気には弊社のイーヴスベンツ類、L型通気ライナー12イーヴプロテクターep45軒ゼロ等の躯体換気材を併用することにより躯体の耐久性を向上させることができます。