«

3月 22

広報の国から 2019変革

Share on Facebook

ルールルルル!ちわーっす!広報Dです。前回に続き連続の登場ですみません。
しかし今回は自分1人ではありません。こちらの方をゲストにお迎えしてお送りしていこうと思っています。

それではご登場頂きましょう!こちらの方です!!

こんにちは!元気ですかぁー!元気があれば何でもできる! どうも〜花粉症の広報Nです。

D:ちょっとちょっとNさん、プロレス愛が溢れ出てるじゃないですかw そう今回のゲストは花粉症にコブラツイストをかけられている向かいのデスクのNさんでしたw

D:なぜ今回、同じ部署のNさんをお迎えしたかというと、少しだけ皆さんに広報部についてお話をさせて頂ければと思い、自分だけではなくNさんにも協力を仰いだわけです。

D:さて早速ですがNさん、今の日本住環境の広報部を率直にどう思いますか?

N:そうですね…、「広報部」が立ち上がって早3年ほどでしょうか。もともと制作チームであったこともあり「広報部」として模索しながら様々なことにチャレンジしてきましたが、「広報部」の活動としては、まだまだかなぁと思いますね。

D:そうですよね。自分も広報部の立ち上げと同時くらいに入社をし、それまでのデザイナーとしではなく「広報」という新しいチャレンジをどんどんしていきたいと思っていましたが、制作が主な業務になってしまっていました。

D:でもどうですか?この2018年度後半からは少し変わってきたと思いませんか?会社の為に社員の為に、広報としての活動にももっと力を入れていこうと、部内全体の意識がスタートラインにたった感じがしませんか?

O:する。

N:Oさん笑!

D:急に入ってきたーwww

N:そうですね、私もそう思います。2018年度後半からは、ミーティングでの内容も今までとは違う、何というか、会社として社員に対して、大きいビジョンで考え話し合うように変化しているように感じますね。

O:広報としてはみんな新米じゃないですか。今までは色々と気を使って動けていなかったけど、2019年からは挑戦していきたいと思うのですよ。

D:そうだね。まずは社内に理解をしてもらうことから初めて、多くの人がそれを楽しみながら乗っかってくれることを広報部で企画していきたいね。すでにアイディアはいっぱい出てきているしね。

O:アイデア出し、プライスレス。

D:2019年度の日本住環境広報部は、今までとは違うチャレンジをして行こう!

D:それではNさん、ここで例のアレやっときますか!

N:わかりました。では、

N:この道をゆけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ 行けばわかるさ。

N:いくぞーーーーー!  1・2・3ッ…

広:だぁぁぁぁぁぁぁーーーー!!!