1月 24

暖かい住宅に住みたい

あけまして、おめでとうございます。広報部のTです。

お正月の長期休暇も終わり、寒い日が続いていますね。

さてお正月は久々に千葉県の実家に帰りました。私の実家は築20年の戸建てなのですが、冬はエアコンをつけなければ相当寒いです。案の定しっかりと風邪をひいてしまいました。

 

日本住環境に入るまでは実家の寒さは特に気にしていませんでしたが、ここ数年は毎年帰るたびに寒さを感じています。さらに私が鼻炎やアレルギー持ちなのは実家の環境も関係しているのでは?という疑念もあり、今年は会社から熱画像カメラを拝借して室温環境を撮影してきました。

 

ちなみに英国の研究によると室温が16℃未満だと呼吸器系疾患に影響があるそうです。

英国保険省イングランド公衆衛生庁「イングランド防寒計画(Cold Weather Plan for England)2015.10」

 

 

【撮影環境】

撮影日:2019年1月3日(木) PM15:35分

場所:千葉県、千葉市

外気温:8.9℃(気象庁の観測データによる)

 

私が住んでいた2階の部屋(南西向き)です。今はキャットタワーが置かれたり、物置のようになっていました。(エアコンはつけずに撮影しています。)

↓↓↓↓熱画像でとった写真がこちら↓↓↓↓↓↓

16℃未満な上、外気温より寒い部分がある!!!!Σ(゚д゚lll)

衝撃的でした。まさかこんな環境に住んでいたとは。

 

続いて2階廊下(北東向き)です。こちらはさらにひどいです。

洗面台の下の部分が特に寒いです。

そして今回一番寒かったのが2階の父親の書斎(北東向き)でした。

4.6℃という数字には正直面食らいました。外の方が暖かいですね。先ほどの英国の研究では「5℃」というのは「低体温症を起こす危険性:大」だそうです。

 

我が家では部屋にいる間はエアコンをつけますが、寝る際はエアコンを切るのがルールでした。朝方は寒さで目が覚めることもありましたが、外気温と同じなら仕方ないですね。これは何かしらの疾患が起きても致し方なしと、変に納得してしまいました。

と同時に「暖かい住宅に住みたいなぁ」と、この時心から思いました。

 

 

〜〜〜〜〜数日後〜〜〜〜〜

 

 

さて、この日(2019年1月16日)は日本住環境広報部で旭化成建材株式会社さんの「ネオマの家」の体験棟にお邪魔してきました。いわゆる高断熱高気密住宅で、日本の住宅性能で言えばHEAT20のG2(UA値=0.20(W/(㎡・K)))というトップレベルの性能を有したモデル住宅となります。

扉を開けると、「プシュッ」という音(気密性が高いため、空気が漏れる音だそうです)がします。いざ入館!

 

 

 

 

 

 

 

 

………………

 

 

 

 

 

 

 

 

…なにこれ気持ちいいーーーーーーーー!!!!!!

(※中は撮影NGなためイメージでお伝えします)

案内員さんの「是非靴下を脱いでください」という言葉に甘えて靴下を脱いで家の中を隅々まで体験させていただきました。

家中どこも温度差がないということがここまで気持ちの良いものだということを初めて経験しました。なんというか不快感がないのです。

 

私の実家もエアコンをつければ室内はある程度温まります。

※写真は2階の居室(南西向き)です。

エアコンの吹き出し口付近は暖かいですが・・・

ご覧の通り、廊下近辺はものすごい寒いです。とてもじゃないですが裸足で廊下には出たくありません。

 

「ネオマの家」の体験棟では廊下も居室も温度差が全然ありません。旭化成建材さんでは、研修目的で当施設に宿泊する機会があるそうですが、廊下で寝る人や玄関で寝る人もいるくらい家中が快適な温度に保たれています。

この「温度差の不快感がない」ということは想像以上に感動します。暖かい住宅に住みたいという一般施主様はもちろん、高断熱高気密住宅に取り組む建主の方も是非一度行って体感することをお勧めします。

 

↓↓↓↓お問い合わせはこちらから↓↓↓↓

https://www.atatakazoku.com/

 

私も高性能住宅を推進するメーカーの一人として、大変勉強になりました。この体験を通じて、日本の住宅をより良くすることはもちろん、「家が寒いと気づいていない人に気づくきっかけ」を与えられれば良いと感じました。

 

「ネオマの家」は冬も夏も快適ということなので、次回は夏場に訪問して快適さを体感できれば良いと思いました。

1月 08

2019年、年賀状ネタバラし回

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

 

本日は2019年の年賀状デザインにこっそりと仕込んだ「遊び」を紹介していきたいと思います。

今年の年賀状は、年賀状担当の総務部Yさんと私(広報部O)で、弊社の過去7年分ほどの年賀状を見返し、「デザインはどうしよう、必須で入れなければならないものは何?」等悩み、様々な方の意見とチェックをかいくぐり制作したものです。

…チェック長かったです。

 

年賀状のイラストは、小中学校の教科書にも取り上げられている「鳥獣戯画(鳥獣人物戯画)」です。
高野山に伝わる“国宝の絵巻物”に登場する擬人化された動物で、特にウサギ・カエルは、その仕草に愛嬌があり幅広い層に人気があります。
また鳥獣戯画の「鳥獣」が「長寿」と読みが似ているため、縁起の良いものとされています。

 

本年も鳥獣戯画のウサちゃん・カエルちゃんのように、企業としてみなさまに愛され、ご期待に添えるよう精進いたします。

 

さて、

説明が長くなりましたが今年の年賀状には「遊び」を入れております。
いきなりですが!問題です。ジャージャン♫

このイラストの中に「何か」が隠れています。


この段階でわかった方はIQ150、すごいです。
もちろん隠れているのはウサギ、カエル、イノシシ以外ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒントは「弊社社長の名前」です。


ここでわかったらIQ100!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は…

“弊社社長・林 容(ハヤシ イルル)の名前が隠れていた”でした。

 

新年最初の謎解きはスッキリしましたでしょうか。
答えを見て「あ!なるほど」と感じるだけでも脳には刺激があり活性化されるそうです。

 

以上、2019年の年賀状デザインのネタバラシでした。

12月 27

年末のご挨拶

今年も残りわずかとなりました。
本年も大変お世話になりました。

2018年は、初のプロカメラマンによる製品写真撮影から始まり、全国各地でセミナーを実施、西の拠点として「おおさかエコプラザ」で常設展示を開始、夏・冬と展示会にブースを出展、韓国出張での初のサッカー親善試合など多くの実りある活動を行うことができました。

弊社社員の頑張りはもちろんのことですが、たくさんの関係者の方々のサポートと協力があって実現できたことです。
ご理解とご協力ありがとうございます。

弊社は12月28日(金)で仕事納めとなり、新年は1月7日(月)から通常営業を開始いたします。

どうぞ良いお年をお過ごしください。
また来年もよろしくお願いいたします。

12月 25

2018年、残り1週間です

♪シャンシャンシャン、シャンシャンシャン♪

本日は「平成最後のクリスマス」です。
自分で言ってしまいましたが「平成最後の〜」と言うフレーズを耳にするたびに少し寂しい気持ちになります。
どうも、青春を「平成のど真ん中」で過ごした女。広報部のOです。

さて年の瀬も迫り、今年も残すところあと1週間となりました。
お店で忘年会が行われている様子を目にします。
この時期は「飲み会・宴会」に参加する事が多くなりますね。

私はあまりお酒をたくさん飲む方ではありませんが、飲んだ後にシュークリームを買って帰り食べる習慣があります。必ずです。
たくさん食べてお腹も空いているわけではない、しかも夜中。
是非やめたい習慣です。

そこで「お酒を飲んだ後になぜ食べたくなってしまうのか」をさっくり調べてみました。
(つたない絵ではございますが以下まとめです)

お酒を飲むと肝臓が働くので、そのエネルギーになる炭水化物が足りなくなる=食べたくなる(補給)
という仕組みでした。

特にビールをたくさん飲む方は、炭水化物と塩分が摂取できるラーメンに走りがちになるみたいです。
肝臓が求めているなら仕方がない(?)のか…。
しかし食べ過ぎには気をつけたいところ…。
問題解決にはなりませんでしたが理由がわかりスッキリしました。


ちなみに「宴会」と「飲み会」は若干意味が異なります。

宴 会:飲み物を中心に人が集まる会の事で、飲食を共にする事でお互いのコミュニケーションを深める事が目的とされている。飲み物がお酒とは限らない。(出典:三省堂 大辞林)
飲み会:酒を飲むための集まり。(出典:三省堂 大辞林)


すでに忘年会を終えられた方もこれからの方も、年が明けたら新年会もあります。
楽しい雰囲気に流されての飲み過ぎ、食べ過ぎには十分に気をつけて(体のために!)コミュニケーションを深めましょう。

なんだかまとめサイトのようになってしまいましたが、これにてドロンさせていただきます。

12月 20

ぐーぱる君、セミナーの様子をリポート

こんにちは、広報部のNです。

最近は、夕方になるとあっという間に真っ暗になって日が短くなったなぁと感じますよね。暦上では今週末の12月22日は「冬至」です。日本では、江戸時代頃より冬至に柚子を浮かべた「柚子湯」に入浴する習慣があるそうです。

「柚子湯に入れば風邪を引かない」と言われているそうなので、ぜひ今週末はスーパーで柚子を買ってゆっくりと「柚子湯」に入って冬を乗り切ってください♪


さて、今回は11月12月に開催した2つのセミナーの様子をご紹介したいと思います。


1つ目は、家づくり学校スキルアップセミナーvol.3「高気密・高断熱にするには理由がある」@岡山



<講師のご紹介>


日本ERI株式会社 広島支店評価部 主査 新家 啓史様


当社 日本住環境株式会社 広報部 プロジェクトマネージャー 釣本主任


野原住環境株式会社 ゼロエネ住宅サポート部 担当課長 加賀谷 幸子様




<会場の様子>

セミナー中は、頷いている方、メモしている方も多く見受けられました。




2つ目は、OMソーラー×日本住環境×日本ボレイトコラボセミナー「本当に快適な全館冷暖房とは」@東京、大阪



<11/13(火)東京会場の様子>

たくさんの方々にご参加いただき、満員御礼!






<12/11(火)大阪会場の様子>

司会進行は広報部 小川部長!


会場内には、製品の展示も行いました!


今後も、家づくりにおける注意点やポイントを、様々な視点からお伝えするセミナーを開催していきますので、ぜひご参加ください!

<セミナー情報はこちら>
日本住環境セミナー情報※HPにとびます

次回の記事もお楽しみに♪

古い記事へ «

» 新しい記事へ